中国に出張した時、現地の若い子とボーリング。コレってプチ風俗!?

もう10年以上前の話なので、いまだにこういう感じかどうか不明だが

中国の福建省に出張したときの話だ、最初2週間ほどの予定でいたのだが、資材発注の手違いなどで、結局5日ほど仕事ができない『突発連休』みたいな状態になってしまった

一旦帰って、日本で別の仕事やらされたりするのも面倒なので、本部のミスということもあり、この5日の休日は神様のプレゼントとして有難くエンジョイさせてもらったw

観光で訪れるには、本当に刺激的というか、驚くほどノンビリで、異次元で、日本では味わえない感覚で毎日、少年のようにワクワクしてましたネー

まず、街にくりだすと人・人・人
中には小汚い人もいっぱいいるのだが、なぜか皆楽しそう
その後、中国はバブルを迎えるので、今はさらに活気があるんだろうな~~

でっかい家電量販店みたいな店には携帯電話ばかりがズラリ
店員さんも数十人規模で携帯電話のみ、売りまくっていた

街中に、なんとも言えぬ、中国圏独特のアノ匂い
ドブと八角(食用香料)が混ざったような匂いが充満してて、キツかったな
トイレも、大昔の駅のトイレを彷彿させるヤバイ匂い

街をブラブラしながら、覚えたての中国語で店員さんとやりとりするのも面白かった
デパートでさえボッタクリなのも笑えるw

現地で僕をサポートしてくれた中国人スタッフにカラオケに連れて行ってもらったりしたのだが

なんと、俺オンステージ
なのであるww

別にキャバクラみたいな店ではなかった
1つの大きなロビーみたいな場所で、ステージを囲み、沢山の客が自分の順番を待って
その歌唱を全員で聞くのだ。のど自慢大会って感じ??

中国人スタッフは「日本と違って面白いでしょう?」といってくるが、ちょっと雰囲気に呑まれ加減なオレ

うた本を手渡されたが、昭和4~50年代の唄までしか載っていないwww
演歌とかフォーク?主体のラインナップ
しかもおかしな日本語で書かれているので、題名で探すのも大変だった

早く決めろ的な事を言われたので
「北国の春」をチョイス

もちろん一度も歌ったことなどない
でも、歌いきる自信だけはあったので、楽しんで歌うことにした

ザワザワしていた店内が、一気に静まりかえる・・・

コレは・・スベッた??
やっちまった感じ???
日本人へのバッシングでボコられたりしない???

なんとか歌い切ると、場内異例の大拍手喝采
な・なんか・・気に入られたみたいだ

中国人スタッフも「とても上手い!歌手みたいじゃないか」
なんてお世辞を言ってくれるがヘタクソな人に対しては冷たい反応なので
本当に喜んでもらえたんだろう

1時間に1回くらいしか順番はまわってこないようなので、スタッフ君の中国語の唄を聞いて結局1時間チョットでホテルに帰った

お遊び探検⇒


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です