「デリヘルの遊び方」から知りたい

デリヘルとは?

デリヘルとはデリバリーヘルスの略、
風俗嬢がデリバリーされる(配達されてくる)ヘルスのことです。
宅配風俗全般を総称してデリヘルと言っている場合が多いです。

 

お店の届出は「無店舗型性風俗特殊営業」となっています。
店舗がないので、客の自宅またはホテルで遊ぶという事になります。

 

ホテル利用の場合は、先に客が1人で中に入って嬢の到着を待つ場合がほとんどですが、
「待ち合わせ型」といって、ホテルに入る前に合流してから2人で入室するというスタイルも定着してきました。
事前に「どんな女の子なのか」知ることが出来、
プレイ時間外でラブラブな時間(歩くだけですがww)を過すことができるので好評のようです。

 

 

ホテヘルとは

こちらもプレイ場所は提供されていません。デリヘルと混同されがちですが、受付は存在するので事前に写真見学ができます。
受付にある写真は、Webサイト上とは違い、モザイクがかかっていない場合がほとんど。
この受付から歩いて行ける場所にあるホテルで遊ぶことになります。

 

DCとは

デリヘルという言葉ができる前に流行した「デートクラブ」の略で、
プレイ内容は「本番デリヘル」といったカタチです。もっと古い言い方のホテトルと同じ内容です。
違法行為にあたりますのでプレイ中に警察が入ってくる事もあるかもしれませんね。

 

 

ハコヘル(店舗型のヘルス)と比べデリヘルは、恋人気分・不倫気分を味わえるのが醍醐味ですね。
待ち合わせ型のデリヘルは外で会ってから一緒にホテルに入るので、擬似恋愛って感じですよ。

 

デリヘルの場合は、他の客や女の子・スタッフの存在もなく、広いベッドでプレイを楽しむことができるので、多少高くついても、価値は充分あると思います。
出張などで見知らぬ土地のホテルに泊まる場合など、思わずデリヘルのサイトをチェックしてしまいますねww

 

 

デリヘルの遊び方

まず、お店を決める

 

お店でチェックすべき項目は、営業時間と値段と在籍女性・出勤表です。
待ち合わせ型かどうかは料金やシステムのページを見ればわかります。
自宅に呼びたい場合、待ち合わせ型のお店は恐らく無理なので注意しましょう。
営業時間に関しては、待ち合わせ型は朝から夜10時ごろまで、
通常のデリヘルは夕方から次の日の朝まで(24時間の店もあります)となっていることが多いです。
自宅に呼ぶ場合は、部屋をそれなりに清潔にしておいた方がいいでしょう。特にベッドと風呂場は重要です。
あまりにも汚い部屋・不潔なシャワールームですと女の子もヤル気を失いかねません。

 

電話で申し込み

 

初めての客であっても前日予約が可能なことも多いのでお店のオフィシャルサイトで確認してみましょう。

 

なんと言ってもデリヘルで最も苦労するのは、ホテルの部屋の確保です。
週末の夜は空室を探すのに凄く苦労します。
できれば昼間、遅くても夕方までに部屋を確保するようにした方が確実です。

 

遊ぶ時間(コース)そして予約したい女の子が決まったら、お店に電話します。
非通知でかけるとつながらないこともありますので注意してください。
お店側もスッポカシなどは営業に響きますので警戒しているのです。

 

デリヘルは指名料が無料の場合が多いので、指名しておいた方がいいと思います。
特に女の子指名がない場合でも、サイトの中で一番好みのタイプを言っておくことです
例え出勤表などで「お休み」とわかっていても、指名の全くかからない地雷クラスのコが来るのを全力で防ぎましょうww

 

領収書が必要な場合は、最初に電話で伝えておいた方がいいでしょう。

 

自宅に呼ぶ場合は詳しい住所
ホテルに呼ぶ場合はホテルに入室してから電話しますが「ホテル名と部屋番号」を間違えずにスタッフに伝えておきましょう。

 

そして交通費も含めての料金総額を聞いておきます。
デリヘル事務所近辺のホテルで遊ぶ場合は交通費が無料というお店もたくさんあります。
ホテル代を払ってホテルで遊ぶ場合は、せっかくお金も時間もかけて遊ぶのだから長めのコースにしておくのをオススメします。
時間内無制限発射の場合が多いですし、女の子のヤル気も違ってくるでしょうからねww

 

予約した時刻の1時間前などにかける、「確認の電話」をお願いされた場合、絶対に忘れないようにしましょう。
人気の嬢などの場合、数分遅れただけで予約キャンセル扱いとなる場合もあります。

 

いよいよホテルへ!

(自宅に呼ぶ場合や、すでにホテルの部屋が確保されている場合はスルーしてください。)
約束の時刻になる前にホテルへ行って受付を済ませるように。
もし約束の時刻近くになってもホテルが見つかっていなかったら、一度お店に電話してその旨を伝えましょう。

 

私は(用心深いのかもしれませんが)
必要な分のお金(ホテル代とデリヘル代など)と携帯電話だけ持ち、駅のロッカーに貴重品を預けてホテルに向かいます。

 

 

ホテルの受付で伝えるのは時間だけで結構です。(お店の名前を出してはいけません。)女の子がすぐに来るとは限らないので、少し余裕を持ち、プレイ時間+30分ぐらいの時間を設定するといいでしょう。 部屋が決まったら店に電話して、自分の名前(偽名でも可)、ホテル名と部屋番号を伝えます。
後は女の子が来るまでの間、部屋でAVを見るなりして待ちます。せっかちな私は、必ずお風呂にお湯を張ってしまいますww

 

 

チェンジ・キャンセル

 

私はチェンジを1回だけしたことがあります。お店のHPの写真とは似ても似つかぬ50過ぎのオバサンが来てしまったときです。
熟女好きでも躊躇してしまうほどのババア加減ww
捨てぜりふを残して帰っていきましたが、事前に下調べをしていなかった私のミスですので仕方ありません。
2回ぐらいまでなら無料、もしくは交通費のみでチェンジ可能なことが多いようです。
女の子には「ごめんね」と言って帰ってもらい、お店に電話してチェンジ/キャンセルを伝えれば良いでしょう。

 

女の子が到着してから

 

 

女の子が到着してOKならば、女の子がお店に電話して、まずはお金を渡します。
送迎のドライバーさんからプレイ上の注意など説明(念押し)の後、そのスタッフに料金を払う場合があります。
こういうケースは優良店の場合が多いですので安心して払いましょう
(※女の子を守る姿勢があるので、良い娘が定着して働くのだそう)
すぐ出せるようにしておいてスパッと出すのがカッコイイです。

 

それから、お互い服を脱いで(脱がせっこして)、一緒に(1人で入る店もあります)シャワーを浴びます。
ベッドに移動する前に一緒にお風呂に入りたいなら、先にお湯を出してためておくといいかもしれません。

 

 

 

プレイ自体は基本的にはハコヘルと同じです。
ホテルだから本番できるかも・・・なんて考えは禁物です。
女の子は、本番強要をされたら途中でも帰ってくるように指導されています
遊べないうえに、お金は返ってきません。

 

有る程度の会話と気配りがあると、より気持ちよく楽しく過ごせるでしょう。
「金を払ってるんだから」なんて態度は、マイナスな効果しかありませんよ。

 

プレイが終わり、シャワーも浴びて時間になったら、通常は女の子と一緒にホテルを出ればいいのですが、自分だけもう少しゆっくりしたい場合は、女の子を先に帰すのもアリ。
支払いを済ませないとドアが開かないホテルの場合はフロントに電話して「1人帰ります」と伝え、開けてもらいます。

 

この時点で、忘れ物がないかどうか(携帯電話・現金・ロッカーの鍵など)チェックしましょう。
女の子と一緒にホテルを出た際は、途中で女の子が
「じゃあ、私はここで」とか「ありがとうございました」とか言ってくると思うので、お礼を言ってさわやかにお別れしましょう。
くれぐれもストーカーまがいの行動は(ずっと一緒に着いていくような真似)やめておきましょう。

 


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です